スタッフとキャストをみる

ホテル

最後に見たいのは、やはりそのデリヘルやソープのスタッフとキャストそのものです。
良いお店はスタッフとキャストの仲間意識もしっかりしていて、友好的な空気で溢れています。
ですがそういった信頼関係が築けていないお店だと、いざという時にフォローを期待できなかったり、働きづらかったりすることがあります。
こういったスタッフとキャストの関係性というのも、風俗求人からでは中々読み取れません。
だからこそ、体験入店をした際にはお店の中の人間関係が良好かどうか、いざという時頼れそうかどうか、自分も輪に入れそうかというところを見ておきましょう。
デリヘルもソープも客商売ですから、悩むことや、どう対応すれば良いのだろうと悩むことは沢山あります。そういった時に一番頼りになるのは、やはり同じお店で働いている仲間になります。
中々一日そこらで沢山のチェックポイントをそこまで全て汲み取るのは難しいですが、体験入店は希望すれば何日か期間を伸ばしてもらえますから、納得がいくまで体験してみて、それから入店するかどうか、改めて考えてみると良いでしょう。
お店は沢山ありますから、是非自分にとって一番働きやすい、ベストなお店を見つけましょう。

お客さんを見る

ベッド

前のページで少しお客さんについて触れましたが、デリヘルやソープで体験入店に行く時は是非、お客さん、つまりは客層もチェックしておくことをおすすめします。
というのも、お店によってどんなお客さんが良く来るのかというのは随分と変わってきます。

働くのであればやはり紳士的で良いお客さんの多いお店で働きたいところです。
ですが、風俗求人からではどんなお客さんが利用しに来るのかまではわからないものです。
お客さんというのはお店の立地やお店の料金の高さなどで変わってきますが、実際どんな人が来るのかは働いてみた方がよくわかります。
なので、体験入店の際にはどんなお客さんが良く来るのか、というところにも是非目を向けてみてください。

雰囲気をみる

石鹸

次に見て行きたいのは、お店の雰囲気です。
デリヘルもソープも、大抵コンセプトや趣旨があることが殆どです。ギャル系の女の子が多く採用されているお店もあれば、清楚系の女の子が多く採用されいてるお店もありますし、素人っぽさが強い普通の女の子を集めているお店だってあります。
基本的にお店はコンセプトや趣旨からあまりにも外れている女の子は落とすことが多いですが、微妙なラインだったりすると採用してしまったりします。

ですが、お店がどういった雰囲気のところか知らず、うっかり自分と全然合わなさそうなところに応募してしまいうっかり採用されてしまうと、雰囲気に馴染めずやんわりと辛い思いをすることになります。
お客さんも基本的にお店のコンセプトに惹かれてきている人が殆どなので、お客さん目線からでも雰囲気がちょっと違うなと思われてしまうと中々指名に繋がり図ら買ったりするので、風俗求人からではいまいちよくわからない雰囲気は、体験入店でしっかり確認しておきたいポイントだと言えるでしょう。

オススメリンク


お金がほしいとい!未経験の方大歓迎です。まずは富山の風俗求人のサイトまで情報収集してみませんか?
新宿でたくさん稼げる風俗求人はここから|ユカイライフ

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031